川越の観光

みなさま、こんにちは!

だんだんと春らしくなってきましたね

川越は今週末からいよいよ春まつり。

毎週末は、あちこちで行列が見られ、たくさんの観光客の皆さんでにぎわっております♪

 

さて、みなさんは、川越の富士見やぐらをご存じでしょうか?

富士見櫓とは・・・↓

富士見櫓から見える富士山!!

 

この貴重な川越の富士見櫓が、ただいま、法面の保全作業を行っています。

富士見やぐら.jpg

 

 富士見やぐら2.jpg

 

 

 富士見やぐら3.jpg

 

法面の大木の伐採を行っているので、すっきりして見えます。

ただ、カブトムシがよく集まってた大木も伐採されてしまって、残念な気もします。。(´;ω;`)

 

みなさま、こんにちは♪

今日は、今年も川越まつりで登場する、浦嶋の山車を紹介します!♪♪

浦嶋の山車は、東洋堂のある、松江町二丁目の山車です。

 

お祭りの期間以外、川越の山車は、市内の倉庫や蔵などに大切に保管されています。

皆さんも、川越の街を歩かれると、あちこちで、「○○の山車」と書かれた背の高い倉庫を

ご覧になったことがあると思います。

浦嶋の山車は、こちらです

(写真左側が、当店です。)

浦嶋の山車2.jpg

 

さて、この浦嶋の山車ですが、

今年の川越まつりを控えて、

現在、町内のお宅や蔵で着々と準備中です。

下の写真は、山車の上に乗っている、浦嶋太郎のお人形です。

  浦嶋太郎2.jpg

山車本体と、山車のお人形や織物は、別々に保管されているのですね。

それにしても、浦嶋太郎って、こんなハンサムだったの?!!

っていうくらい、凛々しいお顔ですね!!  

 

浦嶋太郎3.jpg

 

着ているお着物も、

漁師の浦嶋さんというより、

どこぞのお殿様という雰囲気で、

すばらしく美しいです♪

だけど、玉手箱、しっかりかかえてますね!!

川越氷川神社の祭礼絵巻には唐人の衣装を着て、

魚の作り物を頭にかぶっている子どもの行列があります。

行列には浦嶋太郎と乙姫を演じる子供がいて、

全体を見ると浦嶋太郎と乙姫の婚礼行列になっています。

川越の浦嶋太郎もそこから来ているのかも知れませんね。   

 

浦嶋西陣織2.jpg 

こちらは、山車に使われている、西陣織の織物です。 

浦嶋西陣織.jpg

 

どちらも、素晴らしい出来栄えですね。

さすが、京都の祇園祭の流れを引く、

優雅な江戸の天下祭の薫りが、随所に漂っています♪♪♪

みなさん、こんにちは。
近頃はアジサイが満開になって綺麗ですね!
すごしやすい日が続きますが
どこかに出かけましたでしょうか?


埼玉県最大といわれる伊佐沼の工事も終わったようです。
一時期は水もなかった伊佐沼でしたが、
現在ではがかかり、ハスも浮いています!


伊佐沼”12 橋2小.jpg

以前までは伊佐沼は沼の周りから観光するしかなかったのが
橋の完成により、沼の上からの景色も楽しめそうです


伊佐沼”12 橋小.jpg

~ 記事一覧 ~

川越駅、幸町、小江戸川越観光協会に加えて、
新しく仲町に観光案内所が4月1日(金)よりオープンしました。



観光案内所は、観光情報や
観光パンフレットなどを
提供しております。

 

 

 

仲町観光案内所 店内小.jpg


仲町観光案内所はもともと「笠間支店」という
呉服店だったそうです。
建物は川越伝統の蔵づくりになっております。




現在は、中に入ると展示スペースが設けられており、
江戸時代から続く川越伝統の川越唐桟が展示されています。
 

※現在、都合により川越唐桟の展示を中止しております。

 

仲町観光案内所 展示小.jpg

またさらに、仲町観光案内所の裏庭から一番街に続く新ルートも登場です。

 

仲町観光協会:埼玉県川越市仲町2-3(川越商工会議所の向かい)

 

富士見櫓 つづき

 

先日、富士見櫓から見る富士山のお話をしましたが、その後頂上部分に杭が打ち込まれました。

土手の保全と危険防止のためだそうです。櫓の再建はまだ先のようですが、早く櫓から、富士山を眺めたいものですね

富士見櫓杭1.jpg 富士見櫓杭2.jpg  
 

 

冬枯れの富士見櫓の写真です。葉が少ないので
視界が開けています。

南の方角の遠くに見えるのは喜多院の森です

 

富士見櫓 南2.jpg富士見櫓 南1.jpg

 

富士見櫓といわれる観光スポットということで、富士山を捜してみました。
南西の方角にうっすらと富士山が見えます。
(下の拡大写真の矢印の先が富士山です。)

富士見櫓2012-1.jpg

 s-富士山全体.jpg

 今はビルの建設で見えにくくなってしまったみたいです・・・。

 

櫓とは、合戦のときの防衛の足場として高いところに立てられた建物をいいますが、
川越城の場合、天守閣がなかったため富士見櫓がその代わりに使われていたと言われています。

 

期間限定新発売の商品、 ”ショコラあられ”が販売されています。

ショコラあられ.jpg

 

バレンタインに伴って、東洋堂でもチョコレートを
 使ったバレンタイン限定商品を作りました。
東洋堂人気の商品の松葉あられと
 チョコレートが調和した商品です。

    1袋 630円 

 

 

~新商品!ショコラあられとは??~ ショコラあられ 外.jpg

・バレンタインのために商品化までに多くの試行錯誤して作られおります。
・松葉あられに一本一本人の手で丁寧にチョコレートをコーティングしております。
・チョコレートと松葉あられがお互い引き立てあい、今までにない味わいを楽しめます。
・バレンタインということで、ピンクのリボンが
とてもかわいいです。

※この商品は、小江戸蔵里での限定販売となっております。

 

 

 

 

 

 

伊佐沼の古代ハス

ハス1.jpgハス2.jpg伊佐沼古代ハスが今年も見頃になってます。

正午ごろの写真ですが、午前中はもっと開いてるそうです。

 

 春まつり_オープニング.jpg    昨日は春の風が冷たく感じましたが とてもよく晴れましたね。

先日、沢山のイベントを通じて川越の魅力を知って堪能していただこう!という
小江戸川越の春まつりについてご紹介させていただきました。
昨日の3月27日は春まつりのオープニングイベントがありましたが、
さすがお祭りとあって沢山の人々で賑わっていました。

以前ご紹介させていただいた際には、東洋堂 社長オープニングイベント「火縄銃鉄砲隊演武」には残念ながら出る事が出来ないとお伝えしていましたが・・・やっぱり出ちゃいました!

折角ですので、その様子を一部ご紹介させていただきます。


川越市長が総大将となり、蔵のまちを鉄砲隊が歩きました!

その姿をおさめようと、我を忘れて大人たちが夢中で写真を撮っています。
※ちなみに、歩行者天国になっています※

途中、道路の白線から出ないよう注意を受ける場面もありました(空砲を撃つため、危ないからということのようです)。

鉄砲隊.jpg










演舞に使う火縄銃や甲冑はすべ本物ということでそれだけで凄みがありましたし、
実際に群集の間近で火縄銃を撃つ実演もあり 音の大きさやその素晴らしさに大きな歓声があがっていました。

春まつり_鉄砲隊_東洋堂社長.jpg
ちなみに、東洋堂のわが社長使番といった役職についていたようです。
とても凛々しいです。

甲冑は約30kgほどあるそうで、歩くだけでかなりハード

射撃.jpg

 
 

 

とても大きな音でびっくりしましたが近くで見る事が出来てとても感激しました。
川越でしか見られないこのイベント、また来年も要チェックですね

 

(東洋堂スタッフ:今井)