川越城址 本丸御殿

 川越城本丸御殿周辺の整備が進んでいます。

 

honmarugoten1.jpgのサムネール画像

富士見櫓の修繕も終わり、今後城址公園として整備される予定です。

 

honmarugoten2.jpg

honmarugoten3.jpg

富士見櫓修繕の様子はこちら

 東洋堂のご近所にある、川越キリスト教会をご紹介致します。

この度川越教会は、聖堂聖別100年の時を迎えられました。

川越教会の始まりは1878年(明治11年)に遡ります。

この年、横山錦柵・田井正一の両氏による伝道活動が開始され、1889年(明治22年)現在の元町一丁目に礼拝堂が建てられましたが、1893年(明治26年)の川越大火で焼失しました。

今の場所に礼拝堂が建設されたのは1921年(大正10年)4月でした。

当時、ニューヨーク大学教授だったピーターソン夫妻が建設資金の調達に尽力され、今日見る煉瓦造りの聖堂として蘇ったそうです。

祭壇をはじめ礼拝堂の内部はすべてキリスト教の伝統に従ってつくられており、堂内全体が舟(ノアの箱舟)をイメージした構造になっています。

5月の連休中に見学会があり、伺ってきました。

kyoukai1.jpg

kyoukai2.jpg

聖別100年の記念として、教会正面入口南側にある定礎箱(鉛箱)を2021年11月29日に取り出し、後日開封したそうです。

 

teisobako1.jpg

この度拝見することができましたので、ご紹介致します。

 

teisobako2.jpg

①田井司祭の写真

②大正9年日本聖公会要覧

③小型引照新訳聖書、大正2年11月15日発行

④基督教週報、大正9年11月19日

⑤教会時報、大正9年11月20日

⑥大正9年12月2日、日本聖公会 川越基督教会 聖堂定礎式の参加者

日本聖公会 祈祷書、大正8年3月25日発行

⑧古今聖歌集、大正9年3月10日発行

⑨2つの硬貨(1銭と5銭、どちらも大正9年の物)

現在階段が危険なため閉鎖されている 富士見櫓ですが、

階段の修繕が進んでおります。

※ 現在は修復が終わって、登れます。

fujimiyagura-ato.jpg

 

fujimiyagura-kaidan.jpg
fujimiyagura-kaidan2.jpg

 

そして、この富士見櫓からは富士山が見えます!

詳しくはこちらをご覧ください。

 みなさま、明けましておめでとうございます。

 

touyoudou2022.jpg

おかげさまで当店は、今年で創業120周年を迎えます。

つきましては、イベントセールなどを行っていきたいと思っておりますので、

今後ともよろしくお願い致します。

 『芋ちょこれーと』と『いもせんdeショコラ』の販売が今年も始まっています!

imochoko-bitter2.jpg

芋ちょこれーと ビター 390円(税込)

人気の月見糖を、ビターチョコレートでコーティングしました。

imochoko-white2.jpg

芋ちょこれーと ホワイト 390円(税込)

同じく月見糖をホワイトチョコでコーティングしました。

imosendesyokora-white.jpg

いもせんdeショコラ 324円(税込)

サクサク食感のいもせんに、ホワイトチョコをコーティングしました。

 

季節限定の商品となります。

ぜひ、ご賞味くださいませ。

 

ハロウィンスイート

 当店のハロウィンセットは、川越市中台の中川農園さんから仕入れたハロウィンスイートを使用しています。

halloween-sweet1.jpg

halloween-sweet2.jpg

ハロウィンスイートは生だと薄いオレンジ色ですが、加熱すると鮮やかなオレンジ色に。なめらかな舌触りと上品な甘みが特徴で、カボチャに似た香りがします。

なると金時やべにさつまなどの高系14号から派生した品種で、従来の品種と比較するとβカロテンが約100倍!βカロテンは風邪予防や美容効果も期待できるとされる栄養素で、さつまいもは食物繊維も豊富なので、栄養面でも優れています。

 

 

halloween1.jpg

〖ハロウィンセット〗

むらさきいもとハロウィンスイートの素焼きセット。

1袋540円

※季節限定品になります

お求めは47CLUBの下記アドレスへ

 

小江戸川越伝統の菓子 いもせんべい素焼き ハロウィンセット

 

 今年採れたばかりの川越産「ハロウィンスウィート」を使用した素焼きです。

ハロウィンスウィートは、比較的甘い品種でオレンジ色のさつま芋です。

甘みを味わって頂きたく、素焼きでのセットにしました。

季節限定の商品で、1袋540円(税込み)になります。

ぜひ、ご賞味ください。

 

halloween1.jpg

halloween2.jpg

 

お求めは47CLUBの下記アドレスへ

小江戸川越伝統の菓子 いもせんべい素焼き ハロウィンセット

 

 

 

 

百足屋 オープン

本日、百足屋さんがオープンしました。

 

mukadeya3.jpg

mukadeya2.jpg

あいにくの空模様ですが、

素敵なお花が並びとても華やかです。

mukadeya1.jpg

ポストは今でも現役です。

旅先からの葉書きなど、送ってみてはいかがでしょうか?

 

mukadeya cafe.jpg

 

和スイーツを楽しんだり、

 

着物で抹茶体験と街歩きができるプラン(3,570円~)などもあります。

川越にお越しの際は、ぜひお立ち寄り下さい。

 

 

2021年3月8日(月)、東洋堂向かいに百足屋さんがオープンします。

百足屋は川越市指定有形文化財田口家を再生利活用したもので、

川越の文化を体験できる場となっております。

フラワーアレンジメントやクラフト、そば打ち、キツネ面の絵付けなどが体験でき、

この先も様々な体験ができるようになります。

mukade rentalkimono.jpgのサムネール画像

この奥で着物をレンタルして、川越の街を散策できます。

 

mukade kaidan.jpgのサムネール画像のサムネール画像

階段を上がると、更衣室。

 

mukadeya tyukichi.jpg

 

鼠屋ちゅう吉さんと東洋堂のコラボ商品も置いています。

 

mukade anmitsu.jpg

当店のさつまチップを使ったあんみつ。

1階のカフェでは、河越抹茶や狭山茶をセルフで点てて味わえます。

 

mukade hinadan.jpg

こちらは奥座敷に飾られた田口家のおひなさまです。

口家では昔からの仕来りで、男子も桃の節句を祝っていました。


このおひなさまは、慶応3年(1867年)に10代目吉兵衛の初めてのひなまつりに飾られたものです。

初節句を祝うため江戸に出向いて買い求め、新河岸川の舟便によって運ばれました。

 

 

mukade nakaniwa.jpg

中庭もきれいに整備されました。

敷地内にあるすべての蔵を昔のままの姿で残しています。

川越にお越しの際は、ぜひお立ち寄り下さい。

先日こちらで紹介した『いもせん しょうゆ味』の販売を開始しました!

サクサクした食感のいもせんに地元川越の松本醤油さんのだし醤油を塗り、

風味豊かな一品となっています。

imosensyouyu2.jpg

1袋6枚入り 324円

お茶うけや、ビールのおつまみにも!

 

47CLUBにて販売しています。

www.47club.jp/13M-000062ctj/goods/detail/10153515/

 

 

松本醬油さんは1764年(明和元年)の創業で250年続くお店です。

DSC_0105.jpgのサムネール画像

 

天保元年の蔵で作っています。歴史ある蔵の中には、麹菌や酵母菌、乳酸菌といった様々な菌が生息していて、これらの菌の働きで松本醤油さんの醤油は生まれているそうです。

_DSC6460.jpg