川越 蔵の街 百足屋

 

川越は蔵の街で、たくさんの蔵がありますが、東洋堂のすぐ斜め前にも重厚な蔵があります。

田口家住宅で、明治29年の建築物です。屋号を「百足屋」と称し、糸、組紐問屋を営んでいました。間口が広く袖蔵を持たない造りになっています。また、2階開口部の観音開扉は、他の蔵造りと比べ薄いが、銅板を貼り耐火性を高めているそうです。

P1010941.jpg
このポストは、今でも現役です。平日は1日に3回ほど郵便局の方が、収集にきます。

P1010937.jpg